FC2ブログ



所沢・発達障害児者を支援する会「よつばくらぶ」

Prev  «  [ 2018/12 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
リンク
最新記事
最新コメント
プロフィール

よつばくらぶ

Author:よつばくらぶ
私たちは、所沢で発達障害の子どもを育てる親とボランティアの会です。平成17年1月発足。

発達障害の子どもたちが適切な教育を受け、就労、自立していけるように支援しています。

第2回ことばあそびサークル

報告が遅くなり大変申し訳ありません。
昨年12月16日に、2017年度2回目のことばあそびサークルが行われました。
今回は2人お休みだったので、メンバー4人でスタート。
2回目とあり、みんなリラックスしてワイワイ始まりました。
ご指導頂くのは、いつも的確に子供たちを導いてくださる国立リハの下嶋先生です。

yotei.jpg

1.ミックスボイス

まずはミックスボイス。
お母さん2人にお手伝いをお願いして1人づつ違う言葉を言ってもらいます。
1人のお母さんは「む!」もう1人のお母さんは「し!」をせーので同時にいいます。
「む!」「し!」。
もう一度「む!」「し!」。
何度か言ってもらい何の言葉を言っていたのか当てるゲーム!。
お母さんも分かってもらいたくてハッキリとした言葉を発します。子供たちも、「分かった!」とご満悦です。
次は3つの言葉を同時に言ってレベルが上がります。何度か言葉を言ってもらううちに1つの言葉に耳を集中して口の形をヒントに次々と正解していきました。
静かにしないと聞こえないので、言葉を発する時は普段とは違って静かに聞いていて、集中してできました。

2. イス取りゲーム

次はイス取りゲームです。
お母さんと子ども達が混ざってイス取りゲームをします。
下嶋先生が子ども達に歌のリクエストを聞いて
ギターで弾き語りをしてくれました。

isutori1.jpg

下嶋先生、子ども達、お母さんで楽しく歌を歌って行進します。

isutori2.jpg

楽しく歌っていると曲が止まりイスを取らなければいけないのですが、歌うことに夢中になっていたお母さんが次々と脱落していきました。
最後は子どもの1人が優勝しました。
体を動かす事で、集中力もアップ。
流石、子ども達は動きが機敏です!!

3. クロスワード

次のゲームは、クロスワードです。
子ども達にクロスワードの用紙を配って、一人一人何番のマスを埋めたいか順番に言います。
先生に問題を言ってもらいマスの文字数に合った答えを書いていきます。

kurosu1.jpg

タテの問題で、答えは5文字!
その5文字が次に答える横の問題のヒントになることに気付いて次々に問題をこなして行く中で、ある子が「この黒くなってるマスはなーに?」と質問します。
先生に「黒マスは、使わないマス。そこには文字が入らないんだよ。」と教えてもらいました。
最後は太枠の文字を組み合わせて「か、む、り、た、つ!」と言ってしまい、先生に並べかえて言葉にする事を教えてもらい無事に「かたつむり」と、正解する事ができました。

kurosu2.jpg

タテに書いた答えが間違っていると、その言葉を使うヨコの答えも分からなくなる事が分かり、丁寧にやっていてクロスワードを、家に帰ってからもやってみようと思いました。

最後は、子ども達は、自由に楽器を使って大きい音を出していい時間。普段は大きい音を出すと注意されたり我慢して小さい音にしたりしないといけないですが、ここぞとばかりに楽器を叩きます。
お母さんは、先生とドアの外のお部屋で今日の遊びの解説をして下さいました。
課題をお勉強として取り組むより、ゲーム感覚や遊びを通した方が楽しい分、身につきやすいんだなと思いました。

今回も下嶋先生には多くの事を学ばせて頂き、感謝感謝でした。
ありがとうござます。

【Special Thanks】
国立障害者リハビリテーション学院 言語聴覚学科
下嶋 哲也先生

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://yotsubaclub3.blog.fc2.com/tb.php/534-2f641933


検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メール

名前:
メール:
件名:
本文: