FC2ブログ



所沢・発達障害児者を支援する会「よつばくらぶ」

Prev  «  [ 2018/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
リンク
最新記事
最新コメント
プロフィール

よつばくらぶ

Author:よつばくらぶ
私たちは、所沢で発達障害の子どもを育てる親とボランティアの会です。平成17年1月発足。

発達障害の子どもたちが適切な教育を受け、就労、自立していけるように支援しています。

ことばあそびサークル

W母です。

12月に入り、暖冬とはいえさすがに寒くなってきました。

残念なことに、A君が体調を崩して欠席です。
寂しいけれど今回は、二人での活動です。

ご指導下さるのは、おなじみの国リハ下嶋哲也先生です。

今回の課題は、二つに絞って

1.マンダラかざり
2.すごろく遊び



1.マンダラ飾り

DSC00448.jpg

3種類の円形のマンダラが描かれたケント紙の中から、好きなものを3枚選択します。

Y君は3種類各一枚ずつ、W君は同じ柄で三枚選びました。

選んだらまずは、親子で一枚ずつ色塗り。

用意された色鉛筆やマジックの中から好きな色を選び、どこからでも自由に、バラバラに塗ってもいいし、規則的に塗ってもいい。
柄を描いている線は太めなので、少しくらいはみだしても大丈夫!
どんな風に塗っても、なんとかなるのが曼荼羅の良いところ。

この曼荼羅のように、自分がいいと思うものをやっていい、何をやってもOK!という経験を重ねていくことが、自己肯定感を高めていくのに繋がるのだそう。

それぞれ塗りながら、ここはこの色が似合うかなぁ、こうしたらいいかも!等、考えつつ塗っていきます。

三枚のうち、親子で一枚ずつ塗ったので、一枚残りました。
そこで、その一枚は親子で一色塗ったら交代という形で協力して塗り上げます。

配色によって、同じマジックの同じ色なのに隣り合う色によって、暗く見えたり明るく見えたり、違って見えて面白いです。
濃い色の内側に薄い色を塗ると、濃い色が映えて柄がハッキリして見えます。

三枚塗り終えたら、丸く切り抜きます。
切り終えたものを並べると、ステンドグラスのようにも見えて、とても綺麗です。
それを真ん中で半分に折って…これも真ん中をどこにするか自由に決めて、裏側を貼りあわせて出来上がり!! 

DSC00450.jpg

Y君親子制作のものはポップな仕上がりに、W君親子制作のものはシックな仕上がりになりました。
真ん中に紐を通して、クリスマスツリーの飾りにするも良し、リースの下にぶら下げるも良し、電気の紐に吊るすも一興。
クルクルさせると色柄が移り変わり、見ていて楽しい飾りができあがりました!

DSC00451.jpg



2.すごろく遊び

大きめの白い紙に、ぐるっと丸く続くマス目を描いて、真ん中のゴールを目指して、しりとりすごろくの開始です。

DSC00452.jpg

ルールは簡単。

しりとりをしながら、その単語一音ずつコマを進めます。
たとえば「う・し」なら2マス、 「し・ま・う・ま」なら4マスです。
すごろくなので、「ぱ・ん」のように「ん」がついてもOKとします。この場合は、次の人は「ぱ」から始めるという事でスタート。

しりとりの「り」からということで、Y君が「リサイクルショップ」といきなりの9マス!
ここで下嶋先生により、次から単語ひとつルールの追加がされました。
リサイクルショップは、「リサイクル」と「ショップ」の二つの単語からできているので、次から却下です。

DSC00454.jpg

なぜか「う」が続き、長いのは何があるかなぁ-と考えていると、下嶋先生が
「あるじゃないですか、ぱっかぱっかってするやつ」とか「モーっていうやつもありますよ」とか「だますためにいうやつ」とかヒントっぽく言ってきますが、それ、「ウマ・ウシ・うそ」全部2文字です。
2マスしかすすめない単語なぞ言いたくないので、みんな真剣に考えます。
時事ネタの「イスラム国」がでてきたり、「こなきじじぃ」はどんな妖怪かの説明がなされたりしながら楽しく進み、W君が一番でゴール。
続いてY君、大人3人が続きました。

年末なので大きめのカレンダーが手に入ったら、表紙の一枚の裏でまたできるね等と話しながら、楽しいひと時が終了しました。

DSC00455.jpg

下嶋先生、今回も貴重なお時間をいただきありがとうございました。
また来年、よろしくお願いします。

C

omment

年内最後の活動
A君が休みで4年生コンビだった今回。
前回ちょっぴり縮まった距離感がリセットされているかと思いきや、少しお互いを気にかけている様子が見受けられましたね。
(でも直接は関わらないという微妙な距離感v-403

エレベーターを使わず階段ダッシュをするのは今回のメンバーのパターンになりそうv-410

Yは帰宅するとすぐ大きな紙を探しすごろくを作って遊びましたv-364
特別な材料もいらないので帰省した時にも遊べそうです。
「〇番目にゴールした人が勝ち」と決めて遊ぶのも楽しそう。

下嶋先生、今回も楽しいひと時をありがとうございました。
良いお年をお迎え下さい。

キャトル URL | 2015/12/25 22:53 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://yotsubaclub3.blog.fc2.com/tb.php/483-5b1d5d94


検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メール

名前:
メール:
件名:
本文: