FC2ブログ



所沢・発達障害児者を支援する会「よつばくらぶ」

Prev  «  [ 2018/12 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
リンク
最新記事
最新コメント
プロフィール

よつばくらぶ

Author:よつばくらぶ
私たちは、所沢で発達障害の子どもを育てる親とボランティアの会です。平成17年1月発足。

発達障害の子どもたちが適切な教育を受け、就労、自立していけるように支援しています。

ことばあそびサークル~新メンバーでスタート~

キャトルです。

いよいよ今日から夏休み
ちょっぴり開放的な気分で気持ちにも余裕があるのか、機嫌よく集まった子ども達。

先輩から引き継いで・・何代目でしょう?
前回見学した4年生2人、3年生1人の3ボーイズ新メンバーでことばあそび
サークルのスタートです。
ご指導いただくのはお馴染み国リハの下嶋先生。


1・あと出しじゃんけん

「じゃんけん、ポン、ポン」のリズム。
最初のポンで先生が出し、次のポンで子どもたちが勝つように出します。 

DSC00340_20150722215818d01.jpg

まずは練習。
いつも必ず練習を入れて下さいます。
これ、失敗させないためにかなり大切
本番。まずはゆっくり、少しずつ早く。

時々間違えても、笑って「あっ!」と指摘されたA君も、楽しくてニコニコ
さっきまでの緊張気味の顔が緩んできました。
下嶋マジックにかかってきた~


今度は先生に負けるようにあと出し。
これは難しい!
一緒にひそかにやっていた母たちも頭が混乱です(前頭葉が活性化したかな?)

じゃんけんはいつも勝つように考えていました。
それを逆にするだけで格段に難しくなります。
苦手な待ち時間に遊べそうですね。



2・ことばビンゴ

ビンゴの枠の中に数字ではなく言葉を入れてビンゴをします。
言葉の頭文字は1列づつ「あ」「い」「か」「こ」「さ」

なになに?
「アイス」「いえ」「カラス」良いね~
ん?
「いきのこり」「こめぬか」「サンドイッチしかない店」・・・って!
こっ・・個性的

DSC00343.jpg

全部書ききったら一人づつ好きな文字を言っていきます。
少しづつ×がつき始めると列を揃えようとするW君がリーチ!
そのまま1番でクリアです。
見通しがついていると強いですね。



3・イスとりゲーム

といっても、普通のではありません。
音楽が止まったら足を床に付けないようにイスに座って足を上げるかイスに立ち
ます。

下嶋先生のギター生演奏でゴジャスなイスとりゲームのスタート
子ども3人、大人3人で減っていくイスに支えあって乗ります。

DSC00347.jpg

自分だけでなく人も支えるバランス感覚が必要です。
イス2つに5人乗り、最後は1つのイスに子ども3人乗れました!

DSC00350_20150722221109f2e.jpg

子どもチームの勝ち



4・紙芝居

下嶋先生の3年前からのマイブームだそうです。紙芝居。

DSC00354_20150722221220dd2.jpg

題は「あひるのおうさま」
浪費家の王様にお金を貸したあひるがお金を返してもらうためお城に向います。
途中出合ったきつね、蜂、川と共に王様を追い出し、最後は堅実なあひるが王様
になり、村人達からもアヒルの方が王様にふさわしいと祝福される話。
ゆったりと「間」をとりながらの語りに皆聞き入ってました。
私も初めて読んでもらう立場でお話の世界に浸り、贅沢なひと時を過ごしました。


「これで(ことばあそび)終わり」と先生が仰ると、ホワイトボードに書いてあ
る予定表を見てY君が「トランプもやりたい!」

DSC00341.jpg

「そう、じゃあ何やろうか」と柔軟に対応して下さる先生。


5・ババ抜き

先輩たちもやりましたね。
トランプを引く事に集中するあまり、自分の札が隣に見えているのに気付かない
Y君、その手元をこっそり冷静に見るW君。

DSC00358_20150722223640121.jpg

しかしババが手元に来て表情が変わり先生に「ババを引きましたって顔に書いて
あるよ」と言われ照れ笑いをするW君。
そんな中着々と枚数を減らしていたA君が1番抜け!
最後はW君と下嶋先生の一騎打ち。

DSC00360_20150722223642ccf.jpg

「こういう時ってババを見ちゃうんだよね」と先生に言われると目のやり場に困
り下を向くW君。
ババは二人の間を行ったり来たりして最後は先生の手元で終了しました。


新メンバーでスタートしたことばあそびサークル。
朝は微妙な距離感でお互いを目の端に捉えて付かず離れずしていた子どもたち
が、帰る時は階段に3人並んでお母さん達のエレベーターと競争していました。
遊びを通して少しづつ距離を縮めて、仲間意識が育つと良いな~と大きな夢を描
いている母達です。


いつもの遊びを少し工夫するだけで楽しいゲームになり、
楽しく遊んでいるうちに子どものためになっています。
大がかりな準備が必要ないので、家庭やレクにでも取り入れられますね。
ぜひどうぞ!!

下嶋先生、今回も貴重なお時間をいただきありがとうございました。



【Special Thanks】
国立障害者リハビリテーション学院 言語聴覚学科
下嶋 哲也先生




C

omment

ことばあそびサークル
夏休み最初のイベントとなった、ことばあそびサークル。


うちのAは新しい環境や人の中では、なかなか言葉を発することが少ないのですが、ゲームを通して表情もすぐに柔らかくなり、わたしもホッとしました(^人^)

家や外でも簡単にできる遊びを教えていただきありがたいです。
こんなふうに、コミュニケーションをとるといいんですね!

これから、このメンバーの成長が楽しみです(*^_^*)

下嶋先生、どうもありがとうございました‼️

Aママ URL | 2015/09/07 17:12 [ 編集 ]


WがY君のトランプ見てたのバレてました?(笑)

ことばビンゴ、ビンゴだといってるのに、それぞれ個性的な言葉をひねり出してて、笑いました。
下嶋先生が、2回目からは変わってくるから、という言葉に次回に期待ですね。

下嶋先生の用意して下さったゲームは、やったことあるけど捻りのあるものばかりで楽しいですね。

息子が帰り際「楽しかったー♪」と呟いていて、母である私も嬉かったです。

下嶋先生、 本当にありがとうございました(^^)

W母 URL | 2015/07/24 12:48 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://yotsubaclub3.blog.fc2.com/tb.php/453-824a9645


検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メール

名前:
メール:
件名:
本文: